DADGADチューニングコード表


◆DADGAD(ダドガド)チューニングとは

ギターのチューニングは6弦〜1弦までの開放弦を

EADGBE(ミラレソシミ)に合わせます。

これをレギュラーチューニングと呼びます。

このレギュラーチューニングの6弦、2弦、1弦を1音下げると

DADGAD(レラレソラレ)となります。

これがDADGADチューニングとなります。

読み方はそのまま、ダドガドチューニングと読みます。

4度の音が入っているためDモーダルチューニングと言ったりもします。

 

このDADGADチューニングは世界中で様々な音楽に取り入れられており、

アイリッシュ音楽やハワイアンなど、様々な民族音楽で使われているようです。

ウィンダムヒルレーベル系のギタリストやレッドツェッペリンのジミーペイジが使っていたのも有名です。

 

DADGADチューニングが醸し出す独特な世界観が人気の秘密なのでしょうか。


◆The DADGAD Chord Book

私もそんなDADGADチューニングの世界観に魅せられ独学で追求してきましたが

さらに深くこのチューニングを勉強するためにコード表を作りました。

 

当初はジャズコードを何個か探って演奏する目的だったのですが

どうせコードを探るのであれば全てのコードを探ろうと思い立ち

その数3000ポジションを超えるダドガドコードの大全集

「The DADGAD Chord Book」が完成しました。

 

 「 The DADGAD Chord Book 」は基本的なコードからジャズアレンジに必要なリハモニゼーションに対応する

難解なコードまで3000を超えるDADGAD(ダドガド)コードを記載しています。

あらゆるテンションコードも記載していますのでこれ一冊でほとんどのギターコードを網羅する

DADGADチューニングコード大全集です。

各ページにコードガイドがあるのでコードの検索も簡単。

 

製本での販売はもちろんのこと

電子書籍での販売もしているのでkindleアプリ(無料)を使用して見ることもできます。

 

初心者からプロの方まで

DADGADチューニングを研究するすべての方へおすすめの一冊です。

 

 


◆The DADGAD Chord Book 購入方法

「The DADGAD Chord Book」 全136ページ

amazonにて販売中です

amazon販売ページよりご購入下さい

 

販売ページ →  The DADGAD Chord Book

皆さんもぜひDADGADチューニングが醸し出す独特な世界観を体感してみてくださいね

 

Ryoji Nishimuro